はじめての方は、こちらからどうぞ。

相手が誤解も解釈もしない、英語の伝え方

いさお
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いさお
英語と日本語の通訳翻訳者。TOEIC960点、英検1級。2016年から日本とサウジアラビアを行き来し企業の経営会議、技術指導等で18ヶ国300人以上を通訳、及び関連文書を翻訳。サウジ駐在・出張は、「行けば、何とかなる」「英語ができれば、何とかなる」で挑む人は、文化上・英語上のトラブルやストレスに見舞われて、任務の遂行に支障が出やすいと痛感。そこでこれを回避すべく、サウジアラビアに駐在・出張する人が是非知っておきたい情報を、本サイトでお届け!
詳しいプロフィールはこちら

せっかく話しても、実は伝わっていないかも!?

サウジアラビアで人とのやりとりで特徴的なのは、英語が母国語ではない人がほとんどで、国籍も英語力もバラバラということ。

 

だからこそ、あなたが英語を話す上で重要になるのが、できるだけ明確に伝えること。

言い換えれば、誤解や解釈をさせない英語で伝えることが求められるのです。

 

なぜかと言うと、あなたが「既に話した」「もう伝えた」つもりでも、それを相手が正しく理解したかどうかは、別のことだからです。

あなたが一度話したことを、相手がそのまま理解しているとは限りません。

あなたの言葉を、相手は勘違いしているかもしれません。

あなたが言葉足らずであったり、英語に誤りや訛りがあったりして、あなたが誤解の原因となっていることも、時にはあるかもしれません。

或いは、相手は疑問を抱いても、プライドが邪魔してあなたに質問できなかったり、質問すると叱責されると恐れていたりするかもしれません。
これは相手個人の資質によるときもあるでしょうし、相手の国民性によるときもあるでしょう。

つまり、何気なく業務上の会話をしているつもりでも、相手にあなたの意図が伝わらないかもしれない原因がこんなにもあるのです。

 

 

相手に誤解や解釈をさせないための3つの方法

そうした状況は、願わくば避けたいところですよね!

それでは、英語ネイティブではない相手に、誤解や解釈をせずに、あなたの意図を理解してもらうには、どう伝えればいいか、一緒に見ていきましょう。

 

1.繰り返し話す

もちろん、相手に覚えて欲しい事柄を、例えば日頃から折に触れ言い続ける“洗脳”も、あなたの意図を相手に浸透させるためのひとつの有効な繰り返し話法ではあります。

しかしここでワタシがお伝えしたいのは、一度の会話の中で繰り返し話す、ということです。

 

具体的には、ひと通り伝えたいことを話した後で、「結論として、(In conclusion,)」と言って、絶対に理解して欲しい重要ポイントをもう一度伝えることが、非常に有効な会話テクニックとなります。

 

また、ワタシがカナダの大学で一年生のときに必須の英語の授業(向こうの“国語”の授業)で習った論文の書き方を応用した話法もオススメです。

それは、伝えたい大事なメッセージを結論として先ず話した後に、
理由 具体例 を伝えて、最後にまとめとして、先の大事な結論をもう一度話す、というものです。
こうした論理的な伝え方は、お互い英語が母語ではない者同士では特に有効です。

 

いずれにせよ、繰り返し話すと相手の聞き間違いや勘違いを減らせます。
更に「この話はあなたが是非判ってほしいと考えている大事なことなのだ」という相手へのメッセージにもなります。

 

2.復唱してもらう

これは、相手に正確に理解して欲しい指示や連絡事項を話したら、あなたが話した内容を今度は相手の口から言ってもらう、というものです。

このテクニックは、物事の手順や段取り、或いは数字を伴う情報などを伝える際に特に有効です。

 

但し、ひとつ気を付けるべきは、復唱の依頼の仕方です。

単に「私が言ったことをもう一回言ってみてください」と言うだけですと、上から目線な物言いに聞こえ、相手はあなたに対し良い印象を持ちません(勿論、立場や状況によっては問題がないときもありますが)。

ですから、例えば「今あなたにお話したのはとても大切な話です。だから、あなたが正しく理解していることを確認して安心したい」と先ず伝えてから、相手に復唱を求めるとよいでしょう。
そうすれば相手も納得して復唱できて、お互い気分を害さずに済みます。

 

3.筆談を併用する

言葉のやり取りだけでなく筆談を用いることも、誤解や解釈の余地を与えず相手の確実な理解を期すためには、非常に有用です。

 

筆談は、数字や固有名詞や専門用語が出る話で特に有効です。

なぜなら数字については、重さ、長さ、大きさ、日付、時間などの具体的な情報は、話題のキーであることが多いからです。
中でも14(fourteen)と40(forty)、15(fifteen)と50(fifty)は、発音も似ているので特に気を付けてください。

また固有名詞や専門用語は、「誰が」「どこで」「何を」に関わる、文の中でもキーとなる情報であるにもかかわらず、特に初めて聞いたときは一度では正確には聞き取れないことがよくあるからです。

 

 

まとめ

1.
英語が母国語ではなく、英語力がまちまちな相手との会話では、話したことがあなたの意図通りに理解されるとは限らない!

2.
サウジアラビアでは、①繰り返し話す、②復唱してもらう、③筆談を利用するといった、相手に解釈の余地を与えないためのテクニックを使う!

 

コメント、質問等ありましたら、こちらのフォームからどうぞ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いさお
英語と日本語の通訳翻訳者。TOEIC960点、英検1級。2016年から日本とサウジアラビアを行き来し企業の経営会議、技術指導等で18ヶ国300人以上を通訳、及び関連文書を翻訳。サウジ駐在・出張は、「行けば、何とかなる」「英語ができれば、何とかなる」で挑む人は、文化上・英語上のトラブルやストレスに見舞われて、任務の遂行に支障が出やすいと痛感。そこでこれを回避すべく、サウジアラビアに駐在・出張する人が是非知っておきたい情報を、本サイトでお届け!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サウジアラビア駐在・出張情報センター , 2020 All Rights Reserved.