はじめての方は、こちらからどうぞ。

目を見てじっとして話すと、英語はもっと通じます

いさお
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いさお
英語と日本語の通訳翻訳者。TOEIC960点、英検1級。2016年から日本とサウジアラビアを行き来し企業の経営会議、技術指導等で18ヶ国300人以上を通訳、及び関連文書を翻訳。サウジ駐在・出張は、「行けば、何とかなる」「英語ができれば、何とかなる」で挑む人は、文化上・英語上のトラブルやストレスに見舞われて、任務の遂行に支障が出やすいと痛感。そこでこれを回避すべく、サウジアラビアに駐在・出張する人が是非知っておきたい情報を、本サイトでお届け!
詳しいプロフィールはこちら

伝わる話し方と、伝わらない話し方

あなたの英語が相手に通じるかどうかを左右するのは、決して英語力だけではありません。

あなたが英語を話すときの振る舞い方によっても、伝わる度合いは大きく変わるものです。

 

例えば、子どものとき、こんなことを言われたことってありません?
「そんな謝り方ってないでしょう?謝る気あるの?もっとちゃんと謝りなさい!」

要は、謝罪するときは「ごめんなさい」という言葉だけでは十分ではない、ということですよね。
ヘラヘラ、キョロキョロしながら言っても、相手は受け入れてくれません。
また、捨て台詞を吐くように言うのも、相手に気持ちは伝わらない謝り方です。

 

つまり、同じことを言うにしても、その時の態度や振る舞い方で、相手への伝わり方が変わってくるわけです。

サウジアラビアへの駐在・出張にあたっては、このことは特に意識しておくといいでしょう(サウジアラビアで仕事をする目的が謝罪でなくても!)。

なぜなら、会社からの任務を背負ってサウジへ行くあなたに求められる大切な役割として、相手に指示を出したり、注意をしたり、交渉をしたり、といったことがきっとある筈です。

ですから、あなたの真意が相手に明確に伝わる必要があるのです。

しかも、慣れない英語を駆使してですから、普段日本で仕事をしているとき以上に、相手に伝わる話し方というものを心掛ける必要があります。

 

もちろん、ここでワタシは、頭ごなしのトップダウン型の指令を全面的に推奨しているわけではありません。

時には必要でしょうが、それだけでは物事は望むように進まず、面従腹背といった事態を生みかねません。
現地スタッフの意見を汲むのも大切なことです。

 

ただその前提としても、やはり物事の主導権は相手に委ねるのではなく、こちらで握っている状況の方が望ましいですよね。
そのためにはやはり、相手に自分の意図をしっかり理解してもらえるのが理想的です。

そうして、指示を出す、注意をする、交渉をするといった立場に相応しい話し方を考えたとき、あなたにぜひ実践してほしいのが、目を見てじっとして話すということです。

 

 

どうして目を見てじっとして話すと、もっと通じるの?

1.目を見て話す。

普段日本で相手が日本人のときは、目を見つめて話し続ける、というのは一般的な話し方ではありませんよね。

ワタシなんかも、じっと相手を見て話していたら、落ち着かなくなってしまいます。
或いは、話し手がこちらの目を見続けながら話してきたら、”圧”を感じて、自分の方から目を逸らしてしまいます。

 

でも、英語を話すときは割り切ってください。 会話では相手の目を見て話す。
これで通しましょう。

相手の視線にも訴える話し方をすると、”目力”という言葉の通り、あなたの言葉がもっと力を帯びます。
聞き手はあなたに対して、「はっきりと意志を持って話している」「伝えたいと言う気持ちがあって話している」と感じます。
ですから気持ちの込もった言葉として相手の心に訴えかけ、あなたの主張は説得力を持つのです。

 

しかし以前サウジに駐在する方に、相手の目を見て話すようお伝えしたところ、
「でも、目線が合ったまま話されることを好まない人もいるし・・・」
と言われたことがあります。

日本であれば、その通りだと思います。
でも、サウジアラビアでは、日本とは状況が違います。

サウジアラビアでは何よりも優先すべきは、先ずはあなたの意図を十分に伝えきることです。

あなたも大抵の聞き手も英語のネイティブではない中、お互いが外国語としての英語で意思疎通を図る状況では、あなたも言葉だけで気持ちや思いを伝えきるのは、どうしても日本語に比べて難しくなります。

ですから、サウジアラビアでは、気持ちを割り切ってでも、目力で相手に訴えながら話すことが大事になるのです。

 

なお、サウジアラビアは労働者の大半が外国人ですので、あなたもインド人やバングラデシュ人と仕事をすることが多々あるでしょう。
こうした南アジア圏では、相手の目を見続けて話すことは、目下から目上に対してであれば、控えるべきこととされています。

しかしサウジアラビアで仕事をするあなたは、指示を出す側の立場であることが大半でしょうから、目を見て話し続けても相手を不快な思いにさせることにはなりません。

また、例えサウジアラビアであなたにインド人の上司が居たとしても、やはりあなたはそのインド人上司の目を見て話すべきだと、ワタシは考えます。

なぜならサウジであなたの上司ほどになるインド人でしたら、多国籍な環境での英語によるビジネスを心得ているだろうからです。
きっと、南アジア固有の文化に固執するよりも、目を見て話すあなたの態度を「自らの意志を持って話している」と歓迎してくれるでしょう。

 

2.じっとして話す。

話をするときに、
指を触ったり、手をさすったりする。
背中を丸めたり、伸ばしたりする。
手元の紙を丸めたり、ペンをいじったりする。

これ、みんなやめましょう。
特に重要な会議の席では、やめましょう。

 

もちろん、そうしたくなる人の気持ちも痛いほど判ります。

英語での会話ということで、只でさえ気持ちがザワつくのに、話が重要になればなる程、内容は難しくなるし、「正しく話さなきゃ」と緊張もするし、落ち着かなくなるものですよね。

 

それでも、上に書いたような挙動がプラスになることって、あなたの落ち着かない心を軽減させる以外にはありません。

むしろ、マイナスの影響の方が遥かに大きいのです。
相手の目には、あなたが落ち着きのない人、頼りない人に映ってしまいます。
こちらが、いかにも落ち着きがなく、所在なさげで、いっぱいいっぱいな態度と映るほど、相手は冷静になっていき精神上優位に立つのです。

相手に指示をしたいとき、注意をしたいとき、交渉をしたいとき、これはちょっと都合の悪いことですよね。

 

ですから、英語を話すときはどっしり構えて、じっとして話すよう心掛けましょう。

そうすると相手に対して、落ち着いて余裕がある印象を与えて、あなたの話しに説得力や力強さが生まれます。「あなたに従っていれば大丈夫そうだ」という信頼感も出ます。

 

* * * * *

 

目を見て話すのも、じっとして話すのも、これを意識しながら話そうとすると、最初は難しく感じるかもしれません。
でも、心配しなくても大丈夫です!

普段から心掛けていて、大事な会話の前に「目を見て話す!じっとして話す!」と言い聞かせてから会話の場に臨んでいくようにすれば、次第に自然とできるようになっていきますから安心してください。

 

 

まとめ

会話では、目を見てじっとして話しましょう!
そうすると、あなたの話しに説得力が増し、「この人の言う通りにしていれば大丈夫」という信頼感も生まれます!

 

コメント、質問等ありましたら、こちらのフォームからどうぞ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いさお
英語と日本語の通訳翻訳者。TOEIC960点、英検1級。2016年から日本とサウジアラビアを行き来し企業の経営会議、技術指導等で18ヶ国300人以上を通訳、及び関連文書を翻訳。サウジ駐在・出張は、「行けば、何とかなる」「英語ができれば、何とかなる」で挑む人は、文化上・英語上のトラブルやストレスに見舞われて、任務の遂行に支障が出やすいと痛感。そこでこれを回避すべく、サウジアラビアに駐在・出張する人が是非知っておきたい情報を、本サイトでお届け!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サウジアラビア駐在・出張情報センター , 2020 All Rights Reserved.