はじめての方は、こちらからどうぞ。

”郷に入っては郷に従え”を地でいこう!

いさお
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いさお
英語と日本語の通訳翻訳者。TOEIC960点、英検1級。2016年から日本とサウジアラビアを行き来し企業の経営会議、技術指導等で18ヶ国300人以上を通訳、及び関連文書を翻訳。サウジ駐在・出張は、「行けば、何とかなる」「英語ができれば、何とかなる」で挑む人は、文化上・英語上のトラブルやストレスに見舞われて、任務の遂行に支障が出やすいと痛感。そこでこれを回避すべく、サウジアラビアに駐在・出張する人が是非知っておきたい情報を、本サイトでお届け!
詳しいプロフィールはこちら

大事なことは英語だけじゃない!?

サウジアラビアへ駐在・出張するとなると、やはり外国ということで英語が気になる人が少なくありません。

ワタシ自身は通訳翻訳をする”英語屋”ですが、サウジアラビアに出入りしていて実感するのは、英語以外の要素の重要さです。

サウジアラビアへの駐在・出張を実のあるものにできるかどうかは、英語に対する戦略を練るだけでなく、現地の文化や価値観に対し、どれだけ理解し適応できるかも、大きく関わってきます。

 

例えば、コロナ禍で日本全体に外出自粛が求められていた頃を振り返ってみてください。

その時期に、あなたが新たに外国人と一緒に仕事をする必要が出たとしましょう。
そうしたとき、自粛要請に従っていた外国人と、「法的拘束力はないし」と不要不急の外出をガンガンしまくっていた外国人でしたら、あなたは仕事上のパートナーとして、どちらの方と一緒に働きたいと思いますか?どちらの方が仕事相手としてより信頼できそうでしょうか?
両者を比べるとき、あなたの印象は大きく異なる筈です。

これはあなたがサウジアラビアで仕事をする場合も同じこと。
現地で求められる振る舞いを知っておくのは、とても大事なことなのです。

 

そしてまた、外国人として一時的に滞在するあなたにも、どの程度それらに従うことが求められるのか、或いはどこまでなら日本人な振る舞いで許容されるのかといったこと、すなわち、守るべきことと、守らずとも許容されることの境目を理解することも大事です。

 

あなたがサウジへ行く目的が観光であれば、現地の文化的事情をあまり知らない状態で行くのも、ありと言えばありかもしれません。
予想もしない驚きとの遭遇は、それ自体が旅行の醍醐味にもなります。

しかしあなたがサウジアラビアに行く目的は、お仕事です。
組織の一員として、任務を背負って行くわけです。

ですから、
「知らなかった」
「考えてもみなかった」
「日本ではあり得ない」
「だからできませんでした」
となってしまうのは、具合が悪いこと。
周りも「はい、そーですか」と、簡単には納得してくれなそうですよね。

 

もちろん相手、事柄、状況次第では、「ガイジンだから仕方ない」で済むものもあります。

或いは、例え”ヘンなガイジン”とのマイナス印象を持たれてしまっても、仕事がデキる具合を示すことができれば、最終的にはそんな劣勢もチャラにできるかもしれません。

それでもやはり、現地の人との付き合いがマイナスな印象からのスタートになってしまうことに、変わりはありません。
ただでさえ外国という不慣れな環境(しかも、何かにつけて日本と異なるサウジ!)での仕事ですので、苦労やストレスのネタは、避けられるのであれば避けておくに越したはことありません。

 

 

ハンパない存在感のイスラム教

サウジアラビアの文化や価値観は、何かに付け日本との違いが目立ちますが、中でも、サウジアラビアはイスラム教の社会であるという点は、日本との大きな違いです。

イスラム教はワタシたち日本人には余り馴染みがない宗教であるから尚更、このことは踏まえておく必要があります。

 

ただ、先にひとつ安心材料を提供しておきますね。

イスラム教の総本山サウジアラビアといえど、ワタシたち異教徒の外国人は、一から十までイスラム教の教えに従う必要がある訳ではありません。

 

しかしある局面においては、サウジアラビアが掲げる国教であるイスラム教に基づく行動・振る舞いに合わせることが求められます。

なぜならイスラム教というのは、単に信仰の種類というだけではなく、日々の振る舞いをも規定する宗教だからです。

 

そして、サウジアラビアに暮らし働く人はほとんどがイスラム教徒なので、イスラム教に基づく行動規範が、サウジアラビアの“常識“になっているのです。
ですから、これに従わないことは、周囲の目には“非常識“なことと映ります。

 

 

規範を尊重するメリット

それでは、ちょっと見方を変えて、サウジアラビアで現地の規範に沿った振る舞いをしていくことと、どんないいことがあるでしょうか?

その答えをひと言で言うと、

あなたの仕事が、一気にやりやすくなります!

周りの目にはあなたが、”イタいガイジン”ではなく、信頼できる仕事上のパートナーとして映り、敬意や信頼を寄せるのです。

 

ですから例えば、あなたが相手の英語を聞き取れなくても、あなたが理解できるようゆっくりと繰り返し話してくれるでしょう。

あなたが英語を上手に話せなくても、あなたが言おうとしていることを理解しようと耳を傾けて聴いてくれるでしょう。

より「この人と一緒なら(この人の下なら)働きやすそうだ」「分からないことあったら助けてあげよう」と思ってもらいやすくなるのです。

 

就労環境が日本と異なり、相手の言動も予期しないものであることが多々あるサウジアラビアでは、苦労やストレスを抱えやすくなりますが、現地の人から好意的に見てもらえることは、苦労やストレスとなる要素の軽減に繋がります。

話し方や振る舞いに関する現地の規範を守ることは、心掛け次第ですぐに実践できることですので、ぜひサウジアラビアでは実践していくことをおススメします。

 

それでは具体的に、どういった言動が、どのように、外国人のあなたにも求められるのでしょうか?
この点については、これからこのサイトで一緒に見ていきましょう!

 

 

まとめ

1.
サウジアラビアへの駐在・出張では、現地の文化や価値観を理解し、それに適応できると、仕事をスムーズに回しやすくなる!

2.
サウジアラビアは日々の振る舞いも規定するイスラム教の社会。日本人であっても、イスラム教に基づく振る舞いが求められる点を押さえることが大事!

 

コメント、質問等ありましたら、こちらのフォームからどうぞ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いさお
英語と日本語の通訳翻訳者。TOEIC960点、英検1級。2016年から日本とサウジアラビアを行き来し企業の経営会議、技術指導等で18ヶ国300人以上を通訳、及び関連文書を翻訳。サウジ駐在・出張は、「行けば、何とかなる」「英語ができれば、何とかなる」で挑む人は、文化上・英語上のトラブルやストレスに見舞われて、任務の遂行に支障が出やすいと痛感。そこでこれを回避すべく、サウジアラビアに駐在・出張する人が是非知っておきたい情報を、本サイトでお届け!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サウジアラビア駐在・出張情報センター , 2020 All Rights Reserved.